VAPEはフレーバーが豊富

禁煙のためや、人のいる場所で副流煙を出さないためなどの理由で、VAPEを吸う若者が増えているそうです。VAPEというのはリキッドを入れて煙を吸う電子タバコのことで、日本でも流通しています。吸い方は簡単で、タンクに好みのリキッドを入れて電源を入れ、煙を出して吸うだけです。100種類以上のフレーバーがあるとも言われていて、ミントやフルーツなどの他に、コーヒーやチョコ、バニラなどのスイーツ系のものもあります。口淋しさがまぎれるので禁煙でつらいときに利用するのもおすすめです。タバコは普段から吸わないけれど、葉巻は吸う、という人にも受け入れられているアイテムなので、おしゃれなバーなどでも見かけることが多いかもしれません。もちろん体に害がないので、安心な嗜好品として健康的に楽しめるのも嬉しいところです。

ラベルもおしゃれなVAPEのフレーバー

VAPEは若者に人気の電子タバコですが、フレーバーのラベルなどもおしゃれでついつい集めたくなってしまいます。禁煙のため、というよりは、おしゃれなアイテムとして使っている人も多いのではないでしょうか。メーカーもいろいろあり、シックなデザインのものからアーティスティックなもの、女性向けにかわいらしいものもあり、コレクター心を誘います。部屋のインテリアとして並べてもおしゃれですし、フレーバーもいろいろあるので吸い比べても楽しそうです。VAPE系という新しいファッションのジャンルも生まれてきているそうなので、ちょっと人と違ったワイルドなファッションを極めたい人にもおすすめの趣味になるかもしれません。VAPEを吸うだけでなく、日頃のファッションやインテリアもワイルド系にシフトしていってもいいでしょう。

禁煙したい人にお薦めのVAPE

ここ数年の日本において喫煙率がだんだんと減少しており、成人男性で約30%であります。これは、健康面を配慮した結果からよるものでありますが、反面、消費税などの税制度上からタバコの価格が上昇したので、喫煙することを止めたケースもあります。また若者もタバコ離れしているおり、嗜好品を楽しむ文化が徐々になくなりつつあります。そんな中で、海外から電子タバコという新しい商品が、販売されて注目されています。これは、別名VAPEというタバコに似た吸引器を口にくわえて、その中にあるカートリッジに様々な香りのある種類の液体から自分の好きなものを入れて、中にある電熱線の発熱により、水蒸気化して、それをタバコの煙のように吸引するというものであります。タバコを吸いたいけど、家族や恋人の手前なかなか吸うことが出来ない人にとっては、おしゃれなアイテムの一つであります。